設置費用を比較するには

日本の中央部というのは、
山梨にしても群馬にしても日照時間が長いそうです。
そんな日照時間の長い前橋市に住んでいるのに、
太陽光発電を設置していなんてもったいなんじゃないでしょうか。
それにしても太陽光発電というのは、
素人にはなかなか分かりにくいものがあります。
太陽光発電システムを設置するいっても、
太陽電池モジュールだけを購入すればいいというものではありません。
周辺機器も必要なら工事費など、思わぬ経費がかかります。
それらひっくるめて太陽光発電の費用になるんですから、
見積もりをとってもどう比較すればいいのかわかりません。
さらに値引きしてもらうとなると、
太陽光発電システム全体から値引きされるので、
余計一つ一つがどれくらいのひようになるのかまったくわかりません。
複数社で見積もりを取って比較するのが良いといいますが、
これだけ価格が複雑では一つ一つの検討なんて無理でしょう。
なので太陽光発電システムを比較する時は、
kW単価で比較する方法が一般的になっています。
周辺機器や部品代、工事費など、
太陽光発電を設置する場合にかかるすべての費用を含めて、
発電量であるkW数で割ることで計算することができます。
これで太陽光発電の素人でも、
簡単に太陽光発電システムの価格を比較できるわけです。
すべてひっくるめた太陽光発電システムの費用を、
kW単価という一つの物差しで測るのですから簡単です。
この方法なら誰でも簡単に太陽光発電の設置費用を比較することができます。

a-5-2
コメントa-5-2

お勧めの高効率ハイブリッド型太陽光発電

最近、日本全国で住宅用の太陽光発電装置の設置が急速に普及しています。
太陽光発電と一言に言っても
実は色々な種類があることはご存知でしょうか??
太陽光発電は基本的にシリコンという材料を用いて
シリコンに光が当たることで電力が発生し、
それを蓄えることで電池の役割を果たしています。
最近ではハイブリッド型と言われる、
アモルファスシリコンと多結晶薄膜シリコンを重ねた構造の太陽光発電装置が
高効率を実現しています。
通常太陽光にはさまざまな種類の波長をもった光が混じっていますが、
電気に変換される波長というのは実はごく一部なのです、
またアモルファスシリコンと多結晶シリコンで特異な波長領域が異なりますので、
この特性を利用して、一度の太陽光でできるだけ多くの種類の光を
電力に換えてしまおうというのがハイブリッド型太陽光発電なのです。
日本の住宅面積は欧米に比べ狭いですので、
できるだけ省スペースで効率よく発電をしようとしますと、
このような太陽光発電が安全安心な装置だといえます。

全国4位の日照時間を誇る群馬

関東エリアでの太陽光発電の普及状況を見てみると、全国平均を若干下回ります。
しかし、福島原発事故を受けて自然エネルギーへの関心が高まっていることと、夏の慢性的な電力不足が予想されることから、各自治体でも助成金を出して、太陽光発電の普及に努めているようです。
関東エリアの中で一番太陽光発電の普及が進んでいるのが栃木県で、普及率は4.5%と全国平均3.6%を上回っています。
また2番目の群馬県も全国平均を上回る3.9%とまずまずの普及率となっています。
群馬県に関しては日照時間が全国で第4位と大変高く、太陽光発電には最適な環境になっています。
太陽光発電は太陽が顔を出していないと、発電することができません。
ですから、日照時間というのはとても重要な要素なのです。
ちなみに日本で一番日照時間が長い県は山梨県です。
太陽光発電の普及率も5%以上と、やはり大変進んでいます。
日照時間の長さでは群馬県もそれほど変わりませんから、まだまだ伸びる可能性がありそうですね。

料理が趣味の人にも太陽光発電はおすすめ

太陽光発電を導入して本当に良かったということは、
光熱費を気にせずに趣味の時間を楽しめる様になったということです。
我が家では夫婦揃ってテレビで映画鑑賞をするのが趣味なのですが、
床下暖房をつけながらテレビをつけて映画鑑賞をしているだけで、
かなりの消費電力になってしまうので太陽光発電は大活躍してくれています。
そして、映画鑑賞以上に太陽光発電が活躍してくれている趣味が料理です。
我が家では嫁だけでなく私も料理をするのが趣味であり、
休日には朝ご飯と昼ご飯は嫁が作って、晩ご飯は私が作るという事も多いです。
それぞれ料理の腕前を競う様に作っているのですが、
太陽光発電はそんな料理を作っている時でも大活躍してくれています。
料理が趣味の人間にとって憧れなのがIHクッキングヒーターであり、
IHクッキングヒーターの消費電力を気にせず作れるのが太陽光発電の魅力でもあります。
太陽光発電を導入するまでは料理やお菓子を作っている時も、
あまり調理時間がかかりすぎるメニューだと光熱費も大変な額になってしまうので、
それほど調理時間がかからないメニューになる様に気を付けて料理をしていました。
それは私だけでなく嫁も同じことで、シチューなどの調理時間がかかりすぎる物は控える様にしており、
思う存分好きな料理をしてみたいという気持ちは嫁にも私にもあったのです。
太陽光発電を導入する事によって、光熱費を気にせず料理を楽しめる様にしたいという、
夫婦共通の願いがあったので太陽光発電を導入するべきかどうかの話し合いは一瞬でまとまりました。
後は気にするべきポイントは群馬の日照時間の長さでしたが、
群馬は元から暑い時は本当に暑い地域ですから日照時間も問題にはなりませんでした。
太陽光発電を導入した今では長時間煮込んだシチューなどの、
味だけでなく調理方法まで贅沢な料理も楽しめる様になり、
気兼ねなく趣味の時間を楽しめるという贅沢を思い存分堪能出来ています。

災害時でも安心して生活をすることができる

大きな地震や大雨、台風などを経験して太陽光発電を導入する家庭が増えているので、以前に比べるとお得に導入をすることができるようになっています。
災害時でも、しばらくの間は電気を使用することが出来ますし、太陽光を利用して、自家発電をすることが出来るので、電力不足が心配されている中なので、安心して生活をすることが出来るようになるなどのメリットがあります。
太陽光パネルは、数多くの信頼できるメーカーの商品が紹介されているので、自分の家の方角や形状にあった発電量の多い商品を選ぶことが大切です。
優良な専門業者であれば、しっかりと打ち合わせをするので契約を急がされる心配がないので、週末の休みを利用してお店に行ってみると良いと思います。
経験豊富なスタッフが太陽光発電を導入するメリットについて説明をしてくれるので、納得が行くまで話し合うことが大切です。
自宅で使用しきれなかった電力は、電気会社に売電をすることが出来るので、毎月収入を得ることが出来るなどのメリットがあります。

エコ意識を高める

群馬県前橋市のキャッチフレーズは「水と緑と詩のまち」です。
蛇行する利根川と自然豊かな緑がある町で2008年全国都市緑化フェアが開催された都市としても有名です。
それほど市を挙げて自然保護をうたっている前橋市には太陽光発電の普及率を高めていくべきだと思います。
太陽光発電というと発電するときに二酸化炭素排出しないため地球温暖化を防止することができると注目が集まっているのです。
また、太陽光発電は二酸化炭素を排出するだけではありません。
利用者のエコの関心を常に高めてくれる効果があります。
というのも、最近ではパワーモニターがついているものが取り付けられているものが増えてきているからです。
そのため、常にどのくらい発電しているのかチェックすることができるため、常日頃から自然環境のことを気を留めることができるわけです。
そのため、太陽光発電のエコ効果は決して二酸化炭素を排出するだけでなく、日常的にエコを意識させるようにすることで他の環境活動などにも良い効果を与えていくことができるはずです。
だからこそ、「水と緑と詩のまち」というキャッチフレーズを打ち出している前橋市にこそ太陽光発電システムの普及率をアップさせていくべきだと思っています。
そうすることで、発電にかかる二酸化炭素を減少させて環境にかかる負荷を軽減できる一方で、エコ意識を高めていって他の環境活動にも市民を誘導していくことも十分にありえることだと感じています。

メリットがいっぱい

太陽光発電には、メリットがいっぱいある。
一つ目はやっぱり、なんと言っても昼間の余剰電力の売電だ。
特に、共働きの家は、昼間には、冷蔵庫等常に通電している家電以外はほとんど電力を消費しない。
その為、発電量の多くを売電できるからだ。
そのメリットは非常にお大きく、直接家計に影響する。
そして、太陽光発電システムを導入したことによって、リアルタイムで発電量と電飾消費量をモニターできるようになることも、大きなメリットです。
もちろん、これで、どれくらいの電力を電力会社に売電したかが分かりますし、どれくらい電力を消費しているかも、分かるのです。
つまり、どの家電を使うとどれくらい消費量が上がるのかを実際に確認することが出来るのです。
冷蔵庫のコンプレッサーが動き出すと、すぐに電力消費がわずかに上がることも確認できます。
これらは、大人の我々にとっても節電を大きく意識するきっかけになりますし、子供にとっても、節電を意識する良いどう気になっています。
そして、これまで以上に日中のお天気を気にするようになります。
本当に、発電量とお天気そして、日照時間が比例しているので、導入前だったら本当に気にしないようなことに付いても、子どもは(大人も)好奇心を持つようになりました。
節電をより意識するようになって、太陽の恵みについても意識するようになる。
これは、間接的にではありますが、自然環境保全に貢献することにも繋がっていますが、それを意識するきっかけにもなっています。
政府には、補助金等で自然エネルギーの普及をもっと後押ししてほしいと思うくらいです。

我が家の太陽光発電の収支決算

私は群馬県の前橋市に住んでいます。
市内から少し離れたところに自宅があります。
前橋といっても、市内を少し外れるとまだ田んぼがいっぱいあって、牧歌的な雰囲気のところです。
自宅は南向きで、そして周りには太陽をさえぎるものは何もありません。
昨年の5月に意を決して太陽光発電を設置しました。
3.5kwの容量の太陽光発電で、設置価格は170万円くらいです。
そこから25万円ほど補助金で賄うことができました。
残りの145万円はソーラーローンを利用しました。
10年の120回払いです、月ずきの返済は15000円程度です。
群馬県は日照量に関しては優秀で、売電と電気料金の削減効果によって、大体返済と同じくらいの効果があります。
確かの季節によって発電量は違いがあります。
したがって赤字の月もあれば、黒字もあります。
しかし総体的に予想よりも良い結果だと喜んでいます。
メンテナンスなどは必要なく、1kwで42円の売電単価が10年間継続されます。
このようなことから天災でもなければ、確実に完済できるでしょう。

購入で失敗しない方法

最近は太陽光発電システムを買われる方が増えてきましたよね。
太陽光発電システムはとてもエコな電力システムですから、このような電力が普及してくることは地球環境にとってとても良いことだと思います。
ただ、太陽光発電システムの普及に伴って、購入者と太陽光発電の業者との間でトラブルも増えてきているようです。
業者から強引に太陽光発電システムを購入することを迫られてしまい、やむを得ず契約してしまって後から失敗したと後悔される方もいるみたいです。
太陽光発電システムの購入で失敗しないためにも、そのような強引な契約を迫る業者とはかかわらないようにしてくださいね。
無理矢理に契約をさせようとする業者は、勇気を出して断ってください。
中には、相場価格以上に高額な値段で太陽光発電システムを売りつけようとする悪徳な業者もあったりします。
そのような業者を避けるためにも、太陽光発電システムを購入するときには、
できるだけ複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。
複数の業者からの見積もりを比較することで、高すぎる値段で買わされたという失敗をふせぐことができるようになりますよ。
業者に遠慮せずに、見積もりをいくつか取るようにしてみてくださいね。
また、太陽光発電システムの購入の失敗例として多いのが、屋根のトラブルです。
太陽光発電システムは、屋根や屋上など太陽光がたくさん当たる場所に専用のパネルを設置しなくてはなりません。
このパネルはそれなりの重量がありますから、屋根がその重さに耐えられるだけの強度がなくてはなりません。
屋根の強度をしっかりとチェックしないままパネルを取り付けてしまったために、屋根から雨漏りがするようになったというトラブルもあります。
せっかく太陽光発電システムを買っても、家の中が雨漏りしてしまっては大変ですよね。
そのような失敗を起こさないためにも、事前に業者に屋根の強度を確認してもらうようにしてくださいね。